2019年1月1日

自己啓発本の影響で無理をしすぎる人が増えていると思いますか?自己啓発本を上手に活用するにはどうすればいいですか?


あまり思いません。
体感的な話ですが、自己啓発本を読んで、それを実践し続ける人はとても少ないように思います。無理しすぎるまで頑張れるのはもっと少ないかもしれません。もし無理しすぎる人の割合が増えていたとしても、それには気づかないくらい自己啓発本を読んで実践し続ける人は少ないと思います。
上手に活用するためには、やっぱり行動に変えていくことが必要なんじゃないでしょうか。

(岸 良平 Ryohei Kishiさん)

https://jp.quora.com/profile/Ryohei-Kishi-%E5%B2%B8-%E8%89%AF%E5%B9%B3


悪い意味においても、自己啓発本を読んで興奮はするものの、なかなか行動に起こせないという人がほとんどのように思います。
ましてや、無理をしすぎるところまでやり切るというのは、むしろポジディブな態度のように感じ、それは上手に活用できていると思います。

( マスカワ シゲル Shigeru Masukawaさん)

https://jp.quora.com/profile/Shigeru-Masukawa-%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AF-%E3%82%B7%E3%82%B2%E3%83%AB


自己啓発本は所詮は本でされど本なのです。
本としての読み応えや共感具合を自身の心の声に調和出来るぐらいのバランスがちょうど良いです。
鵜呑みにしない事。

(Yamasaki Kouさん)

https://jp.quora.com/profile/Yamasaki-Kou


私は無理をしすぎる人が増えているとは思っていません。そういう人は結局疲れてしまって『何かのマネ』を出来なくなっていくと思いますから。
本は他人が執筆したもので、必ず個性があるものだと思います。読み手にももちろん個性がある訳です。だこら好き嫌いもあると思いますが、自己啓発に関しても同じなのではないでしょうか。


結局のところ、自己啓発本は書き手の『自分はこう思っている、これを信じて実践している、これで変わることができた』という方法が記されているだけであって『万人に受け入れられる真実』を語ってるわけではないと思います。
なので、自分にプラスとなりそうなもの、興味のそそられるものだけを実践してみよう、参考にさせてもらおう、という気概で読めばいいのではないかな、と思います。

(福與 雅之さん)

https://jp.quora.com/profile/%E7%A6%8F%E8%88%87-%E9%9B%85%E4%B9%8B

「分かっているけれど、やっていない」が大多数

これまで読んだ自己啓発本・ビジネス書の中で、今でも実践していることをすぐに思いつきますか?

数多くの本を読んでいるうちに、どこに何が書かれてあったのか、それをいつ実行に移したのか、覚えている人は少ないのかもしれません。

「無理をし過ぎている人」が増えているというよりも、「何となくこうすればいいと分かっているのに動けない人」が増えているのではないでしょうか?

えらそーに語っていますが、わたしもなかなか実行に移せない1人です。

いまは、こうやってブログを1日1回、毎日欠かさず更新して継続力を養っています。

おそらく、「継続力」をテーマにした自己啓発本に書かれていそうな心得を実践しています。

(無理をしないとか、30分タイマーをセットするとか、決まった時間にやるとか……)

自己啓発本を上手に活用するためには、やはり複数の書籍が言っていることを、自分の日常に組み込んでいくのがお勧めです。

自己啓発本の影響で無理をしすぎる人が増えていると思いますか?自己啓発本を上手に活用するにはどうすればいいですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA