2018年12月26日

ちょうど20歳になったばかりの人に、人生を変える1つのアドバイスをするとしたら、それは何でしょうか?


人生はワンチャンです。
21歳だろうと、5歳だろうと、80歳だろうと、人生は1回しかないという事に気づいてしまえば、何かを変えたり、始めたりするのに早いも遅いもないと悟られるでしょう。つまり、年齢にこだわっていちゃいけないという事です。

(Shun Yamadaさん:代表取締役 CEO に勤務中株式会社Ciao Technologies 2016〜現在)

https://jp.quora.com/profile/Shun-Yamada


人との出会いで、人生は大きく変わると考えています。
なので広い世界に飛び出し、多くの人と出会い、共に時間を過ごす事かなと思います。

(Jin Naitoさん:資産運用のコンサルティング会社のマーケッター)

https://jp.quora.com/profile/Jin-Naito

これ、と思ったものを、1日でも良いから、明日は1日寝て過ごすの必至くらいの全力でやってみること。

(Sakitsu Ayumiさん:自営業 料理教室×人生相談)

https://jp.quora.com/profile/Sakitsu-Ayumi

自分で考えて、自分で決めること。
人の意見を聞いても依存しないこと。

(Masahiro Ishii:早稲田大学卒業)

https://jp.quora.com/profile/Masahiro-Ishii

勇気を持って行動していくことかと思います。
まだ何をしたらいいか分かっていなかったら→情報収集(人に会う、セミナー・交流会に参加する、ニュースを読む、本を読む、etc.)
やりたいことが定まってきたら→そのことに一点集中

(西川 慎吾 Shingo Nishikawaさん:代表取締役2013年~現在)

https://jp.quora.com/profile/Shingo-Nishikawa-%E8%A5%BF%E5%B7%9D-%E6%85%8E%E5%90%BE

本を読んでください。なんでも良いので。
本を読んだ後、その本についてOUTPUTしましょう。
しばらく繰り返していれば、すでに人生は変わっているでしょう。

(Murakami Kojiさん:元Software developer2011-2012)

https://jp.quora.com/profile/Murakami-Koji

まだ自分自身20代なので、もっと先輩の意見もぜひ欲しいところですが、私からのアドバイスは「やりたいこと、チャレンジングなこと、誰かのためになることのうち、何かをやりましょう」です。
やりたいことがある人は真っ先にそれをやるべきです。やりたいことはとくにないけど、何か頑張りたいと思っているならチャレンジングで今の自分じゃ困難なことに挑戦してみてください。そんなの嫌という場合は、自分か周りの人間を助けてみてください。今やってることがそのどれとも結びついてないなら辞めるべきです。上記アドバイスをもっと抽象的にするならば、「時間を無駄にするな」です。笑
基本的に自分のできることが増えると、やりたいことややれそうなことが増えます。

(Itaru Hamamotoさん:株式会社OutNow Founder&CEO)

https://jp.quora.com/profile/Itaru-Hamamoto

本当に伝えたいことは、意外とシンプル

・人生1回きりである
・人との出会いが大切だ
・たった1日でいいから、必死で生きる
・自分で意思決定をする
・勇気をもつ
・何でもいいから本を読んで、実行する
・時間を無駄にしない

どれも、どこかで聞いたことがある言葉なのではないでしょうか。

きっと、自己啓発本を1冊開けば、この手の話がすぐに見つかると思います。

それでも、うまくいく人と、うまくいかない人がいる。

頭では分かっていても、やるか、やらないかの違いなのでしょうか。

ちょうど20歳になったばかりだと、どれを信じていいのか、そもそも全部信じていいのか、判断できない年頃だと思います。

何もわからない状況下で、素直に動けるか、斜に構えて様子をみてしまうか、そこから成長の度合いが変わっていく気がします。

わたしも、いまが20歳になったばかりだと思い込んで、一度素直に受け入れてみようかな。

ちょうど20歳になったばかりの人に、人生を変える1つのアドバイスをするとしたら、それは何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA