2018年12月19日

人生でやるべきではないことは何ですか?それは何故ですか?

人を妬むことだと思います。
「妬み」は、他の人の足を引っ張って相対的に自分の立場を上げようという行動に繋がりますが、何の益もありません。

(中略)

嫉妬心を感じた時、「俺、今、嫉妬している」と心の中で呟くと、自分を客観視できて気持ちが穏やかになります。
一度試してみて下さい(*^^*)(荘司 雅彦さん:弁護士)

https://jp.quora.com/profile/%E8%8D%98%E5%8F%B8-%E9%9B%85%E5%BD%A6

「反社会的行為」ですね。
反社会的な行為をして、見つかってしまうと、国家権力にマークされます。幸い、みつからなくても、一度、やってしまうと、危機感がなくなったり、反社会勢力に絡まれ、また、やって、いずれ見つかることになります。
特に、日本は、一度、マークされると消せないので、重荷を背負って一生を送らざるを得なくなります。

(松尾 好純 Yoshizumi Matsuoさん:元デザイナ、教師、法人設立事務局、プログラマ、プロジェクトマネージャ、心理カウンセラ、執筆業、他)

https://jp.quora.com/profile/Yoshizumi-Matsuo-%E6%9D%BE%E5%B0%BE-%E5%A5%BD%E7%B4%94

後悔。
過去は変えられない。その選択は当時の最善の、もしくは取らざるを得ない選択だったであろうから。(Junichi Yamashitaさん:心理カウンセラー)

https://jp.quora.com/profile/Junichi-Yamashita-2

自分が本当に求めていることから目を背けること。周囲を振り回す可能性が高まるということもありますが、何よりもその人自身を不幸にしてしまいます。
いくら立派なことをやりたいと言っていても、本当に求めているものが承認欲求であったり、孤独の埋め合わせに過ぎなかったりすると、人の顔色をうかがって方針がフラフラしがちです。

(中略)

逆に、いかに幼稚な願望を持っていても、自分がそれを認めることができるならば、状況が許す範囲で自分の欲求を満たせるように頭を使うでしょうし、そのことにより他者と適切な関係を築く確率も高まるでしょう。
自分の中心がどこにあるのか、見失わないようにしたいものです。(松本 利洋 Toshihiro Matsumotoさん:音楽家)

https://jp.quora.com/profile/%E6%9D%BE%E6%9C%AC-%E5%88%A9%E6%B4%8B-Toshihiro-Matsumoto

負の感情が、もたらすものとは?

「苦しい、悔しい、恥ずかしいといったネガティブな気持ちをバネにすると、物事がうまくいく」
という話を、たまに耳にします。

ただ、今回のやるべきことではないこと。

・妬み
・悪さ(反社会的行為)
・後悔
・逃避

どれも、ネガティブな気持ちから生まれてくるものですよね。

人生ではやるべきではないことなのに、世間一般で言う「逆境」に立たされたとき、負の感情をうまく活用することが求められます。

負の感情に対して、どのように付き合っていくのが最善なのでしょうか。

普段は見ないようにフタをしておきながら、どうしても回避できないほど負の感情が大きくなったときには、あえて味方につける……そうすれば、上手に付き合っていけるのでしょうかね。

まずは、受け入れる。

この言葉に尽きるのでしょうか。

とりあえずこれからの生活では、「逃げず、妬まず、後悔せず」をモットーにしていこうと思います。

人生でやるべきではないことは何ですか?それは何故ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA