2019年1月8日

悲しい時には、何をしますか?

つとめていつも通りに過ごします。ひとりになって、堪えていた分も含めて、自分で受け止め、泣き、酒を飲み、煙草を吸い、そして泣くと思います。

(Nobumitsu HIRUTAさん:教育系の企業)

https://jp.quora.com/profile/Nobumitsu-HIRUTA

1.強い酒を飲んでとにかく早く酔っぱらってしまう
2.悲しい音楽を聴いてめいっぱい落ち込む
3.泣き寝入りをする

(宮島 央介 Osuke Miyajimaさん:Officemiyajimaに勤務中代表取締役 2012〜現在)

https://jp.quora.com/profile/Osuke-Miyajima-%E5%AE%AE%E5%B3%B6-%E5%A4%AE%E4%BB%8B

どんな時も自転車です。無心になること、広い景色を見てくることです。

(Matenokoji Hiroyukiさん:在宅自営プログラマー 2002〜現在)

https://jp.quora.com/profile/Matenokoji-Hiroyuki


悲しみを感じながら、散歩するのが好きです。
あとは、した事がない事をしてみます。
行った事のないお店で食べてみる、とかですね

(鈴木 聡 Satoshi Suzukiさん:ITコンサルタント・プログラミング講師)

https://jp.quora.com/profile/%E9%88%B4%E6%9C%A8-%E8%81%A1-Satoshi-Suzuki

時間が許されるなら、しっかり時間をとって、ベッドに横になって、とことん悲しみに浸ります。
そんな時間がない状況の時(外出している時など)は、一旦お手洗いに行って、一人の時間を作って、一分ほど悲しみに浸ります。笑

そして、自分に向かって「悲しいねぇ」と心の中で呟きます。
涙が溢れてきたら、さらに「悲しすぎるよなぁ」と、深く浸ります。
呟く事で自分の感情を認める感じでしょうか。

そして、ちょっとスッキリしてきたら、その悲しみの感情を絵にします。
誰にも見せることのない、グチャグチャな絵なんです。ふと目に付いた色を手にして、スケッチブックに思いつくままに線と色を重ねていきます。

(Shiho Grace Kさん)

https://jp.quora.com/profile/Shiho-Grace-K

悲しみに浸ったほうが、立ち直りが早いかも?

意外とみなさん、すぐに切り替えるということをしないようです。

「悲しい」という気持ちに、どっぷりと浸かって、それから切り替えていく。

わたしは「悲しんだってしょうがない、次いってみよー」と切り替えています。

一時的には脳がだまされるのですが、やはりどこかモヤモヤした気持ちはあります。

しかし、悲しみに一度向き合うと、ズルズル考えてしまう。

だから、見て見ぬふりをする。

悲しみの程度によるのでしょうか。

あまりに大きな悲しみだと、見て見ぬふりができなくなるのかもしれません。

そうした場合に、自分の中で「悲しみ」という感情を認める術をひとつ、持っておくのも良さそうですね。

悲しい時には、何をしますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA