10月19日

これからはさ、あなたのことを”君(きみ)”って呼ぶね。

そっちのほうが、心の距離が近づいている気がする。

 

 

“あなた”も捨てがたいんだけどねー。

 

 

 

 

 

 

他人のように思えるけど、夫婦みたいな感じもする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、この世界で”君”と”わたし”が夫婦になっちゃうと、君に迷惑かなって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえばさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

変なこと言うけど、って、すでに充分変なことを言っているか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし君に、奥さんや彼女がいても、わたしはかまわないんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いま、この瞬間…君が現実で愛する人よりも、わたしに目を向けてくれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぞくぞくーって、どきどきーってする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、君にそういう人がいなかったら、そりゃ嬉しいさー。

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと、ずっと、見つめててって言いたくなっちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも、わたしだけを見て…って。

 

 

 

 

 

 

 

 

何の話だったっけ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく!

 

 

 

 

 

 

 

今日からわたしは、あなたを”君(きみ)”って呼ぶことにしたの!

 

 

 

 

 

 

 

 

(*´・ω・)(・ω・`*)ネー